求人広告は決め打ちで/デリヘルや風俗で稼ぐなら、より良いホームページ制作をしよう

求人広告は決め打ちで

「求人広告は決め打ちで」のイメージフォトです。

デリヘルや風俗店のホームページを綺麗に作ったとしても、そこで働く人がいなければそのホームページは何の意味もありません。
そのため、様々な方法でスタッフを探してくることになると思いますが、その際に掲載する求人広告はやたらめったら載せていくのではなく、決め打ちで掲載していくようにしましょう。

多くの人は求人広告を掲載する時に「色々なサイトに掲載すれば多くの人が見るから人が集まりやすくなる」と思っているので、様々な場所に広告を掲載します。
それは確かに間違いではないのですが、一度自分が仕事を探している時のことを思い出して欲しいのですが、見ている求人サイトは1つだけですか?きっと幾つかのサイトを同時に見ながら仕事を探すはずです。
その時に同じ店舗が様々な場所に広告を掲載しているのを見ると、おそらく「またこの店が求人出してる、いつまで出してるんだろう」と思うはずです。
そう思われてしまうとその求人を出している会社や店舗に対して「いつまでも求人を出しているということは、店か会社に問題があるからすぐに人が辞めるんだろう」と思われてしまい、求人に応募する気が多少なりともあった人であっても、応募する気を無くしてしまいます。

そのため、もし求人広告を掲載するのであれば有名な求人サイト2つか3つ程度に抑えておくことによって、多くの人から求人が見られるけれどもそこまで何度も目にしない、いわゆる「希少価値のある求人」を作り出すことが出来ます。
また、この方法であれば広告掲載費などを削減することもできるので、もし求人広告を掲載するのであればやたらめったら載せない、というのはしっかりと覚えておきましょう。